ひんぎゃの塩

ひんぎゃの塩とは

先日、テレビを見ていたら「ひんぎゃの塩」という聞き慣れない塩の名前を耳にし、興味を持ったので調べてみることにした。

 

「ひんぎゃ」とは、火山島の島言葉で火山噴気孔のことを言うそうです。
「ひんぎゃの塩」とは、その「ひんぎゃ」から噴き出す蒸気熱を利用して作った青ヶ島の自然塩です。

 

「青ヶ島」は日本で最も少ない人口(約200人)の有人島で、東京から約360km離れた伊豆諸島最南端(東京都)に位置しています(→「羽田空港から空路」を参照のこと)。

 

△もっと知りたい特産品トップへ

ひんぎゃの塩の作り方

「ひんぎゃの塩」は、黒潮の海水をくみ上げて、ひんぎゃ熱を利用してじっくりと時間をかけて水分を蒸発させて作ります。

 

約3週間ほどかけると美味しい天然の塩「ひんぎゃの塩」が出来上がります。

 

何でも、海水を時間をかけてじっくりと結晶化させているのでまろやかな味わいで、塩本来の旨みが出るのだそうです。一般の精製塩には刺激の強い塩辛さがありますが「ひんぎゃの塩」にはありません。

 

「ひんぎゃ」と太平洋にふんだんにある黒潮の海水を使って何か出来ないかと考えて生まれたのが、この「ひんぎゃの塩」と言うことです。

 

「ひんぎゃの塩」は、カルシウムが非常に多く、消費者から高い評価を受けているそうです。

 

 

△もっと知りたい特産品トップへ

 

ひんぎゃの塩の販売店紹介

「ひんぎゃの塩」は、特産品倶楽部というサイトで販売されています。
以下に紹介します。

 

商品名

ひんぎゃの塩

販売価格

360円(120g)

販社名

青ヶ島村製塩事業所

販社所在地

東京都青ケ島村無番地

TEL/FAX

04996-9-0241(共通)

その他

販社HP:http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/
Eメール:hingya@vill.aogashima.tokyo.jp

 

△もっと知りたい特産品トップへ

羽田空港から空路